畳の張替えを自力で行なおう【種類を詳しく紹介】

コンテンツ一覧

和室

和室をリフォームする

畳を張替えたり新調したりメンテナンスを行うことで、和室がリフォームしたようにきれいに見えます。仕上がりの差が出るため、技術力のある業者に依頼するのがおすすめです。1日で張替えが可能であったり、襖や障子のメンテナンスを行っている業者もあります。

詳しく見る

自分でチャレンジ

畳

種類や特徴を知ろう

和室に欠かせない畳は時間が経つと井草の香りが消えてほころんでしまったり部屋の湿気を多く含んでカビが生えるなど、部屋の環境のせいで張替えが必要になる時期がやってきます。昔は畳屋さんに張替えを依頼しているところがほとんどでしたが、最近ではホームセンターやネットショップも充実し、自分で材料をそろえて張替えるという方も多くいらっしゃいます。しかし、畳は同じように見えて実は様々な種類や素材、特徴があるので、初めての方は気を付けながら作業してください。まずは張替える畳の種類を事前に調べておきましょう。一般的な畳には縁のあるものが多いですが、中にはすっきりと見える縁なしがあります。縁の有無で張替え方法も変わってくるので、きちんと観察しておきましょう。また、全ての畳ではなく数枚だけ張替えるのであれば、他の畳と柄を合わせるためにも模様や素材なども見て選んでください。また、畳には洗えるタイプや色や模様入りのおしゃれなもの、素材に和紙を使用したものなど、様々な特殊物が販売されています。特に和紙を使用したものや化学表という種類は変色に強く、日の当たる部屋にもぴったりの素材です。畳はどれを選んでも同じというわけではありません。その部屋の日の当たり方や湿気の多さなどに応じたものを選んでおけば、長くいい状態を保つことができますし、快適に使うことができるので畳のある部屋がどのような環境なのかを見ておくことも大切です。自宅に合う畳が分からなかったり、個人では張替えが難しいという場合には、畳を専門的に扱っている業者に相談しましょう。比較的安価に作業を行ってくれるので、スムーズに畳を新調することができます。買い替えなければいけないと思っていたものが、専門業者にみてもらったら張替えで済んだということもあるので、プロを頼るのも手です。

作業員

日焼けや擦れが目立ったら

畳の張替えを依頼したいなら、費用面をはじめ、作業内容やスケジュール的にも納得できる業者を探すようにしましょう。地域密着型の近場の業者を中心に1日で作業が完結できる業者を選び、日程を調整して申し込みを行います。

詳しく見る

畳

明朗会計の業者を選ぶ

畳の張替えはおおよそ半年に一回程度行うといつも青々した畳が楽しめます。注文は畳屋さんに直接行って構いません。ただ、材料費と作業費が別の場合もありますから、必ず総額いくらになるか事前に見積もりをもらうようにしましょう。

詳しく見る

女性

いつもきれいな和室に

畳は植物なのである程度の期間が過ぎると枯れたように色あせてしまいます。新しいものに張替えを行うと元のみずみずしい畳に生まれ変わります。張替えは住宅会社を通さず畳屋さんにお願いするのがいいです。料金が明示されていない場合には気兼ねなく相談しましょう。

詳しく見る

男性

いつもの和室がきれいに

畳は天然ものなので色あせてしまうのが難点です。色あせたら張替えを畳屋さんに依頼しましょう。安ければ6畳間で3万円台で出来ます。張替えは、和室に家具が乗っていても対応してくれますし、最短一日でも可能なので、相談してみましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 畳の張替えを自力で行なおう【種類を詳しく紹介】 All Rights Reserved.